栃木県からお送りします。

趣味の事と、勉強の事。あるいは日々の備忘録。あるいは雑談。

技術士1次試験(機械部門)奮闘記

2017年10月、齢29にして技術士1次試験(機械部門)に初挑戦し一発通過することができたので、それについて書き残しておきます。

 

適正科目・・・11/15点

専門科目・・・34/50点

基礎科目・・・13/15点

 

会心の出来ではなかったけれど合格ラインには達していたので一安心でした。試験前日まで海外出張だったので我ながら良くやった方だと思う。帰りの飛行機ではずっと過去問を睨み続け、羽田に到着後そのまま荻窪のカプセルホテルへ向かい(周辺のビジホは満室&高額で断念)、当日は会場最寄りの明大前駅コインロッカーにスーツケースぶち込んで試験に臨んでいました。

 

以下、私の勉強記録。前提として一応私の経歴ですが

  • 国立大学の機械系修士
  • 材料力学メインの研究室出身
  • 製造業入社後5年、29歳

です。

 

使った参考書は次の3冊だけ。

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問(第3版)

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問(第3版)

 

 

技術士第一次試験基礎・適性科目完全制覇

技術士第一次試験基礎・適性科目完全制覇

 

 

技術士第一次試験「基礎・適性」科目キーワード700(第5版)

技術士第一次試験「基礎・適性」科目キーワード700(第5版)

 

3冊目は本当は第4版を買いました。ただしほとんど読まなかったので、実質は上の2冊のみ。あとは日本技術士会のHPから過去問を5年分くらい印刷して解いていました。 

トップページ|公益社団法人 日本技術士会

 

本格的に勉強を始めたのは2017年の8月ごろ。それまではQC検定の勉強や知床峠サイクリングのための体力づくりにいそしんでおり始動が遅れました。とはいえ結果として

出身学科と同じ部門なら卒業後5年経ってても2か月で合格できる

ということを示せたのでちょっとドヤ顔。実際はもっと余裕を持って勉強することを強く薦めます。なぜなら

2か月間、毎晩コメダにこもりっきりの生活(PM8~11時くらい)

だったから。 コーヒーで歯は黒くなるし寝不足続きでずっと体が重かった。まして既に所帯を持っている人や仕事が忙しい人などには現実的ではないでしょう。あの時の店員さんへ、毎晩お世話になりました。また来ます。

勉強の比率は専門8:基礎1:適正1くらいですかね。最初は専門の得意分野(私の場合は材力)を攻めて勢いをつける。苦手分野(私の場合は流体と制御、あと基礎科目の化学も)に突入後、行き詰まったら適正科目で気分転換。という感じで上記2冊のテキストを3周くらい回しました。解説を見ても理解できないときは学生時代の教科書やネットに落ちてるどこぞの講義資料を読み込んだりもしました。

で、満を持して実際の試験問題に挑戦、という流れでしたが今になって思うのは

「一番最初」に実際の試験問題を見るの大事。

主戦場にする分野と退散する分野のメリハリ作るの大事。

ということ。1冊目に挙げた問題集には、過去の出題の中でも非常に濃ゆくて良質な問題が揃っていて、それはつまり試験本番で実際に出くわしたらまず後回しにするような難問が多いということ。非常に鍛えられるのでおススメの良書なのですが、1問1問丁寧に理解しようとするとなかなかスピードが上がりません。大学受験で例えるならばこの参考書は「大学への数学」「化学の新演習」「難問題の系統とその解き方 物理」のようなヤツで、時にはキッパリ諦めるというのも作戦のうち。実際の試験問題を俯瞰しないままこの本から勉強を始めた私は、しばらく敵の大きさを過大に見誤った状態に陥っていました。

まずはさっさと過去問全体を俯瞰して、敵の姿を見極める。これ重要。

具体的に私のとった戦略は、熱流体の無次元数と制御工学の安定判別法を捨て、その代わりにベルヌーイの式とラプラス変換を念入りに鍛える、といった感じでした。出題頻度や本番までの残り時間を考えて。

 

とまあここまで長く書いておきながら実際に言いたいことは、「技術士の1次試験は、2か月と言わずもっと長い勉強期間を捻出するか、 大学卒業してすぐ(あるいは卒業前)のフレッシュな時に挑む方が絶対に良いですよ。」ということです。

2018年も、6月申込み・10月試験ということなので計画性のある人は今から少しずつ勉強始めましょう。そうすれば苦手分野を捨てるなんていう技術士の理念にもとるような戦い方などせずに済み、優秀な成績で突破できるでしょう。

 

ちなみに私は2次試験を受けるか正直悩んでいます。これまでの職務内容と、受験資格に書いてある文言を照らし合わせると、何か少し違う気がしてしまうため。しかも会社の人事制度が変わり、これまで僅かに存在していた資格による優遇措置がなくなってしまったので。時代に逆行してるってレベルじゃねぇぞおい。おい。

 

観音寺川の桜並木まで車中泊ドライブ

2017年5月3日(水)、仕事の影響で連休の予定がロクに立てられなかった鬱憤を晴らすべく弾丸旅行してみました。

行先は福島県猪苗代町の観音寺川。GWにみられる桜といえば弘前城五稜郭がダントツの人気スポットですが、ここにも人気の場所があり「桜まつり」を開催しているとのことで行ってみることにしました。

 ひたち海浜公園ネモフィラや足利フラワーパークの藤なんかもドライブ圏内にはありますが、今年は不覚にも梅や桜のシーズンを逃していたこともあり駆け込み花見を決行です。

 

交通渋滞に巻き込まれたくないため、防寒着と寝袋を持って2日(火)の夜から出発しました。到着したのは11時半ごろ。猪苗代ハーブ園の駐車場に車を停め、ライトアップも既に消灯した夜の桜を眺めてみることに。

この川は護岸工事がされていないため趣ある風景となっており、土手の内側にも入っていけます。雪解けのためか水量は思ったより多く、真っ暗闇でしたのでスリルは結構ありました。

 

 

f:id:tnr_dsyh:20170504174144j:plain

f:id:tnr_dsyh:20170504174631j:plain

 雲もなく風も穏やかという絶好のコンディション(ただしメチャ寒い)。街灯や車のライトが多いため肉眼では難しいですが、天の川との共演もうっすらと果たしてくれました。

 

天の川という嬉しい誤算を受け、ココより暗い場所ならどうかということで急遽、猪苗代湖まで移動してみることに。この時点で深夜1時・・・

2016年11月に開業したばかりの「道の駅 猪苗代」に駐車し湖畔に向かいます。

f:id:tnr_dsyh:20170504181353j:plain

(↑は車中泊後の翌朝に撮影。防災拠点機能も持たせているらしく、広い&綺麗&新しいの三拍子そろった大変素晴らしい施設でした。奥に見えるのは磐梯山

 

そして予想的中!湖畔に出てみると旬の時期ではないながらもハッキリと天の川を拝むことができました。

f:id:tnr_dsyh:20170504182523j:plain

流れ星のオマケつき。

K-1アストロトレーサー機能も試したのですが全然うまくいかず・・・精密キャリブレーションしてバルブ撮影モードにしても星が止まる気配なし。何がいけなかったのだろう??いつかのファームアップでSS選択できるようになったけど、アストロはケーブルレリーズじゃないとダメなのかな。。。今回は寒さと眠気で退散しちゃいましたが要研究ですね。

GR2でタイムラプスしようかとも思いましたがコレも体力の限界で断念。寝袋にINしたのは午前3時頃でした。

 

ということで翌朝。

 

再び観音寺川に着いたのは午前9時半頃。警備員に誘導されるままハーブ園の駐車場へ。この後も続々と車は増え、あっという間に満車になったのでギリギリセーフでした。

 

f:id:tnr_dsyh:20170504185708j:plain

昨晩とはうってかわって大盛況。ただし年齢層はやや高めかな?シブめのロケーションではあるのでそんなに驚きはしませんでした。

以下、葉っぱも芽吹き始めた満開の観音寺川の桜鑑賞です。

 

f:id:tnr_dsyh:20170504191723j:plain

f:id:tnr_dsyh:20170504190827j:plainまずは定番の撮影スポットから。人が多く橋が揺れるためリアルレゾリューションはボツとなりました。。

 

f:id:tnr_dsyh:20170504191118j:plain

NDフィルタで水を流したり・・・

 

f:id:tnr_dsyh:20170504191227j:plain

春の太陽光をハイキーに撮って見たり・・・

(この後めちゃくちゃフォトショップした)

 

f:id:tnr_dsyh:20170504192221j:plain

川をバックに寄ってみたり・・・

 

f:id:tnr_dsyh:20170504192551j:plain

枝垂桜の中に潜り込んだり・・・

 

今年は桜をじっくり見ずに終わると思っていたためとても楽しめました!

人が多く川の水に簡単に触れる場所ながら、パリピがウェイウェイするようなこともなくまさに穏やかの一言。陽気に誘われるままうたた寝をするなど、癒しの一日となりました。

f:id:tnr_dsyh:20170504193346j:plain

 

 

無料とはいえ長時間車を停めさせてもらったこともあり、駐車場代と言ってはアレですがお土産を多めに買い込み帰路についたのでした。

来年も行くかな~??

 

湯西川温泉かまくら祭りに日帰りドライブ

f:id:tnr_dsyh:20170308003156j:plain

2017年2月26日(日)、栃木県在住のしがない会社員こと私が日光市湯西川のかまくら祭りを覗いてみました。

 

かまくら祭りは日本夜景遺産「歴史文化夜景遺産」に認定され、最近ではテレビにもよく紹介されているらしい。かくいう私も某情報番組のお天気コーナーを見て初めて知りました。2017年は3月5日が最後ということで、気温も上がり日も長くなった終了間際のこのタイミングで思い切って駆け込んだわけであります。

 

会場は湯西川ダムのさらに上流、「平家の里」周辺。無料駐車場があるが時間帯によっては混雑する可能性大。今回は日曜日の16時前という絶妙?なタイミングに到着したため難なく駐車できましたが、知名度急上昇中とあって駐車場確保は今後厳しくなるかもしれません。

野岩鉄道会津鬼怒川線湯西川温泉」駅からバスで向かうルートもある模様。

 

平家の里は入場料として大人510円がかかるけれど、17時以降に入場する場合は200円で済む、ということで帰り際までとっておくことに。夕暮れまで辺りをぶらぶら。

f:id:tnr_dsyh:20170308003018j:plain

 

f:id:tnr_dsyh:20170308003009j:plain

 

f:id:tnr_dsyh:20170308003025j:plain

 

源氏による攻撃をうけた平家が命からがら逃げたのがここ湯西川で、その後ずっとこの地で慎ましく暮らしておりその家系は現代にまで続いているのだとか。この辺に住んでいる人々は平家の末裔なのでしょうか。

 

だんだん日が傾き、このイベント一番の見せ所「ミニかまくら」の会場へ。地図でいうとこの辺。

 

観覧ポイントは「沢口橋」、というか他にポイントはない。いわゆる一般道なので入場料などのお金は取られません。ただし、ミニかまくらの設営・点灯はすべてボランティアの人がやっていると聞いてしまい、何かしらお金を使わないではいられない気持ちになってしまいます。地元の人かどうかはわかりませんが、老若男女わいわいと作業している風景は見ていて心が温まります。

 

17時ごろから点灯作業が始まりました。スタッフに話しかけてみたらこの日はボランティア参加者が多かったらしく、非常にテンポよく作業できたようです。ちなみに、ちょうどこの時間から橋の上には観客が増え始め、交通規制がかかります。これ以降、車でこの橋を渡ることはできないので自家用車で来る人は要注意です。

 

さて私はというと、ミニかまくらそのものの美しさはもちろんですが、それを作り上げている人々を記録したいなという思いに駆られ、作業風景を見守り続けるおじさんと化していました。

 

f:id:tnr_dsyh:20170308010248j:plain

 

f:id:tnr_dsyh:20170308010503j:plain

 

そして冒頭の写真のような風景に。

 

f:id:tnr_dsyh:20170308010804j:plain

 

f:id:tnr_dsyh:20170308010810j:plain

AFが後ろの電柱に当たってしまった・・

 

今日は風も比較的穏やかで、火が消えてしまうかまくらはほとんどありません。星空との競演みたいな撮影もしたかったのですが空は若干ガスっており、寒さで死にそうだったので断念し車の中に一時避難。少し休んだのち、満を持して(?)平家の里に入場してみました。

 

f:id:tnr_dsyh:20170308011344j:plain

 

f:id:tnr_dsyh:20170308011351j:plain

 

感想はというと、「まあ、普通・・・」といったところ。もともとが郷土資料館(館じゃないけど)的な施設なわけだし変な期待をするのも筋違いというもの。ゆったりした時間に身を任せシャッターを切っていました。

 

さてこの施設には5人くらいが入れる大きなかまくらが点在しており、中でBBQができますよ、というのがウリだそうで。物珍しさとフォトジェニック()な感じがウケて予約とるのは大変そうです。なぜ平家の里でBBQなのか深く考えてはいけない。

 

イルミネーションも頑張っているなあとは思うけれども、普段都会にいる人がこれを見て何か特別な思い出になるかと考えると物足りません。なんせ5分歩けば壮大なキャンドルイルミネーションが無料で観られるんですから。こちらでは逆に、しんしんとした静かな照明の方が場の雰囲気に合って良いのではと思いました。

 

とまあ少し辛口な意見も述べつつ、全体的に大満足のお出かけでした。うわさに聞く通りミニかまくらは特に圧巻。ろうそくを一つ一つ点ける作業を一部始終撮影しながら見守っていたせいか少なからず情が入ってしまいました。スイッチひとつで全部がバキーっと光る都会のLEDイルミとはまた違う温かさなどを心にしみ込ませ、帰路についたのでありました。

  

性善説で成り立っているこのイベントも、だんだんと知名度を上げてきたこの頃。そろそろ運営面に関して工夫を始めないと焼け野原になってしまいそうで心配です。余計なお節介ですが、場合によっては有料化してでもこの景色と風情を守って頂きたいと強く思いました。